第105次日本法医学会学術全国集会[The 105th Congress of the Japanese Society of Legal Medicine]

ごあいさつ

会員の皆様におかれましては益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。

第105 次日本法医学会学術全国集会を令和3年6月9日(水)から11 日(金)まで福岡で開催致します。2014 年の国際法医学シンポジウム(福岡大学:久保教授)、2018 年の国際法医学アカデミー(九州大学:池田)と2つの国際学会の開催もあり、福岡での学会開催は回数を重ねている感がありますが、全国集会の九州大学における開催は平成5年の第77 次開催(永田武明教授)以来28 年ぶりとなります。コロナ禍で開催地の福岡県にも緊急事態宣言が発令されるなか、開催について色々検討をしてまいりましたが、学術全国集会は予定通りの日程で、現地開催をすることにいたしました。ただし、会場につきましては、狭い学内施設からヒルトン福岡シーホークに変更し、広い会場に充分なスペースをあけて座席をご用意して3密をさけ、感染症対策を徹底して行います。

新型コロナウイルス感染症の感染状況次第で、開催の形態に影響が及ぶ可能性があるかもしれませんが、皆様が安心して参加討論できるよう準備して参りたいと思っております。皆様のご参加を心よりお待ち致します。

第105次日本法医学会学術全国集会

会長 池田 典昭

(九州大学大学院医学研究院 法医学分野 教授)